リフォーム

改築事例No10:冷たい土間を暖かいフローリングへ変身/置床工法で住宅リフォーム

  弊社は静岡県が推進する「住んでよししずおか木の家推進事業」に参画して、新築、改築問わず静岡県で産出される木材を利用した住宅普及に協力しています。使われなくなった店舗スペースを、美しい県産材の木目を活かして、心地よい住環境に変身した事例です。置床工法により、冷たい土間(コンクリート)も暖かいフローリングの床に早変わり。県産材を活用いただければ、補助金の活用も可能です。

 置床工法の代表的な図解です。リンク先のホームページで、安全性など詳細をご確認ください。

 置床工法で施工中の床面です。素地は店舗スペースのベタコンですが、かさ上げで空間が確保されて、保温効果が高まります。

 かさ上げで出来た床下の空間を利用すれば、給湯配管など自由自在です。

 静岡県の県産材を活用すれば、御覧のとおり暖かみ豊かな住空間が出来上がります。

 手すりや小棚なども、触り心地を考慮して、木材を活用しました。

 県産材を活用すると、静岡県の助成金を活用できる場合があります。リンク先のホームページで、詳細をご確認ください。

コメント

コメントフォーム

不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。

お問い合わせ

店舗案内

後藤工務店
〒410-0822
静岡県沼津市下香貫宮脇291-5
TEL:055-931-2427
FAX:055-931-2513

お問い合わせはこちら