事業施設関係の施工事例

施工事例No32:システム建築/昼と夜、違う表情が楽しめる倉庫

 今回の物件は、システム建築の一部施工と現場管理を行いました。敷地の地盤が悪かったため、舗装部分は地盤改良とアスファルト舗装の2層打ちとしました。冬場のコンクリート打設は、コンクリートの強度不足や凍結が心配されますが、強度を上げて打設し、適切な養生期間を設けることで、より良い仕上りとなりました。室内の床は、頻繁に大型車両の出入りがあるため、クラックを誘発する目地を設けました。また、光沢のある仕上がりとすることで、室内の照度を確保し明るい空間となりました。今回は計画地が強風地域であるため、倉庫の入口はシャッターよりも耐風性能があり、車両の出入りや資材の搬出入がスムーズに行えるハンガードアを採用しました。さらに、広さや高さが必要となる倉庫の階高を有効活用し、事務所の上部を倉庫とすることで、垂直搬送機を利用した円滑な資材の運搬を可能にしました。社長室は内装をガラリと変え、間接照明を採用したニッチ、床と仕上げを合わせた壁面など、印象的な空間となりました。システム建築は基礎工事から仕上げまで4か月という短工期が実現できますので、興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

白×茶色カラーのシンプルで落ち着いた昼の外観

照明により昼と違った印象を見せる夜の外観

光沢のある床仕上げで明るい室内空間

荷物を上階に搬送する垂直搬送機

壁の一部がアクセントになった社長室

工法     鉄骨造 平屋建 
延床面積    699.00㎡
竣工 令和4年3月末

個別記事へ

施工事例No31:在来工法/コスト圧縮を叶えたまちに溶け込む工場

 今回は既存工場の移設に伴う工場新設のご依頼をいただき、設計・施工しました。より使い勝手の良い内部空間となるよう、既存工場の現地調査からスタート。内部で使用する機械の操縦性を考慮し、柱のスパンを決めました。短辺方向の間口を12mとすることで、構造計算のルート1を採用し、必要な鉄骨部材の量を最小限にすることで、コストの圧縮に努めました。また道路との高低差がある敷地ですが、外観に緑の縦ラインを入れることで、道路からの視線に配慮しつつ、アクセントになるように仕上げました。工事を行うにあたっては、近隣の皆さんへ着工前のご挨拶や、工事中の飛散防止対策として養生ネットを設けるなど、徹底して作業を進めています。工場や倉庫の計画では、在来工法とシステム建築の双方を比較した上で、お客様のご要望に合う提案をしていますので、是非お気軽にお問い合わせください。

アクセントカラーの緑のラインが印象的なデザイン

道路からの視線に配慮した外観

バランス良く配置された柱・梁スパン

内部空間は暖色系で統一

内部に設けたコンプレッサー室

工法     鉄骨造 平屋建 
延床面積    383.05㎡
竣工 令和4年1月末

個別記事へ

施工事例No30:空き店舗の内装を一新!洗練されたオフィスへの改修

 お施主様のご親戚が設計者という素敵なご縁があり、空き店舗を改修しシンプルでスタイリッシュなオフィスへと生まれ変わりました。建具と家具は造作し、扉の取っ手やレール等の金物一つ一つがオーダーメイドの逸品です。造作は、素材やサイズの調整が可能なため、部屋全体をトータルコーディネートできるのが魅力の一つです。改修工事では、既存の寸法を正確に測量し、施工図に反映する必要があります。今回も扉1枚ごとに寸法を合わせ、折り下げ天井と家具の目地を通すことで、より洗練されたデザインとなりました。また特徴的な点として、エントランスは海外製の輸入タイルを使用し、内装は「ベンジャミンムーア」という塗料で仕上げています。他にも、調光機能のある照明器具が多機能的な空間を演出しており、利用者により使い分けが可能であるなど、お客様のこだわりが詰まった空間が出来上がりました。弊社では設計・施工のほか、設計者様からのお仕事も頂いております。今回のように現場での細かい納まりや新建材にも対応できる技術力がありますので、お気軽にお問い合わせください。

折り下げ天井と家具の目地ラインが美しい仕上り

間接照明がもたらす上質でおしゃれな空間

空間を広く見せる大容量の壁面収納

白×木目を基調とした洗練された内装

空間デザインの一部となったエアコン

タオルハンガーやスイッチもシンプルに

竣工       令和3年10月末

個別記事へ

施工事例No29:システム建築/庇が特徴!ワイドスパンを実現した工場

 以前施工させていただいた工場は在来工法にて施工し、2棟目のご依頼となった今回は、短工期、低コスト、高品質を実現したシステム建築を採用しました。お施主様からは平面的な大空間、内部空間の高さを要望されていたため、システム建築の特徴を活かした造りとなっています。また、庇は南・東側にはね出すことで、外部での作業性の向上を図りました。条件にもよりますが、システム建築では柱や吊り材を設けずに庇を12m程度はね出すことが可能です。今回のように建物の品質・施工にご満足いただいた多くのお客様にリピートで依頼を頂いております。システム建築にご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

南側に5m、東側に4mはね出した庇を設置

北側17m、南側22mと柱のないワイドスパンを実現

上部には2.8tクレーンを2基設置

事務作業を行うための明るい室内

床面は水洗いが可能なタイル仕上げ

工法       鉄骨造 平屋建
延床面積    2,818.70㎡
竣工 令和3年9月末

個別記事へ

施工事例No25:システム建築/大空間・コスト・品質を確保した工場

大空間の低層施設には、規格化されたシステム建築が合理的になることがあります。意匠より機能性を重視した工場においては、スパンに応じて設計を行い低価格で安定した品質を確保し、工期も短縮できるシステム建築がお勧めになります。工場・倉庫等の箱物建築においては、在来工法の他システム建築を検討してみてください。

個別記事へ

施工事例No24:単純構造が長寿命の秘訣/H鋼骨組みの堅牢な工場

 大きな企業では、設備投資額が経営において多大な負担となります。このため、工場建屋一つとっても、事業の目的に合わせて、長寿命で使い勝手の良いものでなくてはなりません。H鋼による骨組みは、長期間使われてきた信頼性の高い工法であり、長年、鋼材の品質向上や屋根材、塗料、配線、配管など、関連資材の革新が繰り返されて、ますます需要を伸ばしています。見た目で単純な構造ですが、その建屋は長期間の使用に耐えて、耐震強度も十分です。弊社では、施主様の信頼に応えられる施工を日々行っております。

 鉄骨総二階建ての工場建屋です。一階が工場、二階を事務スペース等として、余すところなく空間を活用できる合理的な設計です。

 二階スペースは、どのようにでもレイアウトできるフラットな空間です。

 一階工場は、床面を耐衝撃、耐水、耐油、耐腐食性の高いエポキシ樹脂として、長寿命化を図っています。

 工場の上部には、隅から隅まで稼働可能な強力なクレーンを設置しています。

 トイレは掃除がしやすく、衛生的に保てます。

 洗面も、清潔感のある使い勝手の良いものとしました。

個別記事へ

施工事例No23:ジオクロスシート工法で短期・低コスト・頑丈建屋/鉄骨商工業施設

  日々、続々と増える仕事を効率よくこなす為には、作業スペースの拡張が解決策の一つになります。仕事に追われて急いで工場を用意したいときは、短期施工、低コスト、耐用年数が比較的長い鉄骨、ガルバリウム鋼板張り建屋をお勧めします。見積など過去の事例から簡単にご案内しますので、お気軽にお問い合わせください。

 基盤工事開始。地盤固めの砕石搬入後、直ちに転圧開始。

 ジオクロスシート(表層)工法により短時間で基盤強化。

不同沈下を防ぐためにベタ基礎鉄筋を施工。

基盤コンクリート養生をしたのち鉄骨を組み上げ。

鉄骨組み上げ開始から2週間で建屋完成。

 基礎工事開始から4~5週間で施工完了。(雨天が続く場合は工期が長くなります。)

建築工法 鉄骨造 平屋建
延床面積 110.94㎡
個別記事へ

施工事例No21:動線が優しく快適な居宅介護支援施設

 木造平屋造りの小規模多機能型居宅介護施設です。施主様からのご要望により、利用される方々に幅広いサービスが出来るよう、ゆとりある十分な動線を確保しています。また、利用者の方々が心地良く過ごせるよう、高い天井と豊かな採光、明るい色調を施しています。居宅介護をされているご家族を支援するための施設ですが、日々施設をご利用される皆様にも、日常と変わらない快適な生活空間が提供出来るものと確信しております。

ご利用者様、ご家族様が気兼ね無く移動

車椅子でのご利用にも楽な洗面

明るくゆったりしたトイレ

テラスを眺めながら自然光でリラックス

建築工法 木造 平屋  
延床面積 332.97㎡
個別記事へ

施工事例No20:素材の開発を行う研究棟

1Fは素材の開発を行う実験施設、2Fは検査施設や会議室、応接室を備えています。デッドスペースへのロフト設置など、利便性を図りました。検査機器等の搬入、配置が容易で、システムフロアのような高額な設備費を投入せずに、室内レイアウトを容易にしています。

ロフトにより収納スペース拡大

十分な給電設備の配置により多様な機器を設置可

搬入の容易な正面入り口

明かり取りと空調設備の配置

建築工法   鉄骨造り 2階建て
延床面積 235.21㎡
個別記事へ
お問い合わせ

店舗案内

後藤工務店
〒410-0822
静岡県沼津市下香貫宮脇291-5
TEL:055-931-2427
FAX:055-931-2513

お問い合わせはこちら